前へ
次へ

賃貸管理を見ていると

民事再生がかかっている企業の賃貸管理を見ていると、経営方針が賃貸経営ではなく分譲マンションを建設することの繰り返しという自転車総業となっています。民事再生がかかる企業のほとんどが中華人民共和国に進出しており、中華人民共和国の企業のほとんどがビジネスでアフリカやヨーロッパに進出しているという事実があります。最近では、中華人民共和国の国籍の人はアメリカの大学に進学している、という事実から、ビジネスとしてやっていることが多岐にわたるようです。日本国内で中華人民共和国のような経済の回しかたをしてしまうと、国内の巨大企業から袋叩きにされてしまい、民事再生法が適用されてしまうでしょう。賃貸管理は警察にも協力してしまうとして、日本経済のあり方として、日本式の経営をするのであれば、アメリカ経済に似たお金の回しかたをすることが得策でしょう。不動産屋さんで民事再生法が適用された場合、中国式のようなビジネスが国内で流行ることもあるようです。

Page Top